合同会社設立について
ホーム > 合同会社設立について

合同会社設立について

合同会社の場合、会社の基本事項が決まれば会社設立まで1週間程度で可能です。

合同会社は株式会社よりも設立費用が安く、組織設計も比較的自由、決算の報告義務
がないなどのメリットがありますが、現時点で知名度がいまひとつなのが難点です。
株式会社と合同会社のどちらを設立するかはお互いのメリットデメリットをよく勘案
して決めて下さい。

合同会社の設立手続きは、ご自身で全てやることは可能ですが、創業時に色々とやることが
あるのに、会社設立手続きまでご自身でやるのは大変ですし、専門家に一部まかせた方が
安く設立できる場合が
ありますので、面倒な事は専門家にまかせてみてはいかがでしょうか。
合同会社設立の大まかな流れは以下の通りとなりますので、ご参照下さい。

STEP1:会社の基本事項を決定する。

発起人が商号、事業目的、本店所在地、事業年度など会社の基本事項を決まます。

STEP2:法務局で登記相談

同一住所で同一商号は使用できないため、会社の所在地を管轄する法務局で商号、
事業目的について相談します。
※義務ではないので、必ず行う必要はあいません。

STEP3:会社代表社印の作成

代表者印の他に銀行印、角印を作っておくと便利です。

STEP4:定款の作成

会社の憲法である定款を作成します。

STEP5:資本金の振込み

代表発起人の口座に資本金を振込みます。
なお、「預入」ではなく「振込」なのでご注意下さい。
振込をしたら、通帳の表紙のコピー、通帳1ページ目のコピー、振込んだ事が分かる
ページのコピーを取ります。

STEP6:登記申請に必要な書類の作成

登記申請書など、会社設立登記に必要な書類を作成します。

STEP7:設立登記の申請

本店所在地を管轄する法務局で登記申請します。
登記申請から会社設立まで約1~2週間かかります。
なお、登記申請は代理人(要委任状)、または郵送でも可能です。

STEP8:株式会社設立

登記申請した日が会社設立日となります。

STEP9:官公署へ必要な届出書類を提出

法人設立届、青色申告の承認申請書など官公署に提出しなければならない
書類を提出します。

お問合せについて

 

お問合せに料金は一切かかりませんので、以下の方法にて建設業許可の取得なら東京建設業許可サポートセンター
どうぞお気軽にお問合せください!
電話は9時~21時、メール・お問合せフォームは24時間
お問合せ
可能です。
TEL:03-4577-0458
携帯:090-1463-8657