鋼構造物工事について
ホーム > 鋼構造物工事について

鋼構造物工事について

鋼構造工事に類似した建設工事の区分の考え方等については、以下のとおりです。


1.「とび・土工・コンクリート工事」における「鉄骨組立工事」と「鋼構造物工事」
  における「鉄骨工事」との区分の考え方は、鉄骨の製作、加工から組立て
  までを一貫して請負うのが「鋼構造物工事」における「鉄骨工事」であり、既に
  加工された鉄骨を現場で組み立てることのみを請負うのが「とび・土工・コンク
  リート工事」における「鉄骨組立工事」です。


2.ビルの外壁に固定された避難階段を設置する工事は「消防施設工事」では
  なく、建築物の躯体の一部の工事として「建築一式工事」又は「鋼構造物工事」
  に該当します。


3.「とび・土工・コンクリート工事」における「屋外広告物設置工事」と「鋼構造
  物工事」における「屋外広告工事」との区分の考え方は、現場で屋外広告物の
  製作、加工から設置までを一貫して請負うのが「鋼構造物工事」における「屋外
  広告工事」であり、それ以外の工事が「とび・土工・コンクリート工事」における
  「屋外広告物設置工事」になります。